上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和20年6月23日は沖縄戦が終結(玉砕)した日で、慰霊の日となっているそうです。

沖縄の果てにあるたくさんの島々も、当然この戦火を浴びました。
その中で、波照間島の子ども達を戦火から逃すため西表島へ強制的に疎開させるという指示がだされました。
西表島はいわゆるジャングルで、マラリアの感染が予想される土地だったのです。親元から引き離され、多くの子がマラリアにかかり、お母さんに会いたい、お父さんに会いたいと高熱にうなされながら息を引き取っていきました。戦争マラリアというそうです。

      「星になったこどもたち」
  1 南十字星 波照間恋しいと
    星になった みたまたち
    ガタガタふるえる マラリアで
    1人2人と 星になる

    くるしいよ さむいよ お母さん
    帰りたい 帰りたい 波照間へ

  2 南風見(はえみ)の海岸に きざまれている
    忘れな石という ことば
    戦争がなければ こどもたち
    楽しくみんな あそんでいた

    さびしいよ いたいよ お父さん
    帰りたい 帰りたい 波照間へ

  3 みんなでたましいを なぐさめようよ
    みんなでなかよく くらそうよ
    66名知らない世界へ
    逝ってしまったこと わすれない

    しずかに やすらかに ねてください
    平和な 平和な 波照間に
    しずかに やすらかに ねてください
    平和な 平和な 波照間に

          作詞 波照間小学校全児童合作

    大人が始めた戦争の 犠牲になるのは 子ども達です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://omoidasite.blog88.fc2.com/tb.php/10-7647d79a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。