上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最高のプレゼントって何だろうね。
おばあちゃんは、今日 こんな話を聞いたよ。


  ペンギンの子が生まれた。
  父さん、母さん。
  それぞれのおじいさん、おばあさん。
  またその上のおじいさん、おばあさん。
  またまたその上の…と どんどんさかのぼって 二十五代さかのぼっただけで
  先祖のペンギンの数は 六千七百十万八千八百六十二羽になるそうだ。
  そのうちの一羽が欠けても この子はこの世に生れてこなかった。



もうすぐ誕生日だね。
君が生まれるためには、君のお父さんやお母さんだけじゃなく 
それこそ星の数ほどのご先祖さまの、誰かひとりでも欠けても
君は生まれてこられなかったんだよ。

そして、君の命は次の子ども達へとつながっていく。
君の命は君一人だけのものじゃないんだよ。

人の命はどんな宝物より大切だ。
そんな大切なものを受け取った君には、次の命へとバトンを渡す義務があるんだよ。
それが、君がもらって そして君が贈る 最高のプレゼントなんだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。